« 【勉強しなさい】 | トップページ | 【くやしくないだろ】 »

2018.07.02

もう、勝つしかない

 開催前はイマイチ盛りあがっていないのかと思いきや、初戦に勝利した途端にテレビも国民も期待が高まったのか断然話題にしだした、サッカーワールドカップ。結局はその一勝しかできなかったけれど、決勝トーナメントに進めたので、さらに期待が増した感じもします。

 もちろんサッカー好きの人たちには、はじめからたのしみなイベントでしょうし、日本戦以外も明け方までライブで見て、仕事や家事や学業に支障をきたしていることでしょう。けれどもファンじゃない人をどれだけ取り込めるかが、さらなる発展と金儲けには必要なことであって、よくわからないけれどおもしろいと思わせなければなりません。

 なのに、トーナメント進出を決めるだいじな予選リーグ最終戦で、日本チームは一点差で負けるという暴挙にでました。たいてい負けず嫌いなスポーツ選手が、よく決心したものです。

 コロンビア、セネガルと戦ってきて、セネガルはコロンビアに勝てないと踏んだのでしょうか、それまで得点してきた選手をさげて控えの選手を使ってきました。スターティングメンバーを見た時点で、勝つ気がないことは明らかでした。二点差で負けたり、セネガルが引き分けたらおしまいのギャンブルです。

 人生、ときには賭にでることも必要かと思いますが、賭にでる指揮官というのは当たっているときは天才なのですが、ハズレたらボロボロになりますから、占いに頼る上司とおなじくらい、ついて行きたくありません。

 しかも、負けようと試合に挑むなんて、ルールとしてはアリ、長い大会を見据えてはアリ、玄人目には試合よりも予選突破としてアリなのかもしれませんが、シロウトの俄ファンから見れば、日本人としてナシです。さらに終盤では、もう一点取られないように、負けているチームが時間稼ぎをするなんていう前代未聞の恥さらしな行動にでたりして、完璧にシラケました。

 野球で敬遠したり、格闘技で逃げ回ったり、勝っているほうの時間稼ぎも、日本人はあまり好きではありませんから、サッカーに精通していない者にとっては異様な光景でした。レフェリーが角田信朗だったら、イエローカードがでているところです。

 試合後の監督や選手のインタビューでは、まるでいまの敗戦がなかったかのように、負け惜しみな発言ばかりで、またビックリしました。試合に負けたばかりなら、ハンカチ王子じゃあるまいし、少しはガッカリするものではないでしょうか。どこに負けず嫌いを発揮しているのでしょうか。

 そもそもサッカーは、相手を引っぱったり、わざと転んだり、何度反則をしても許されるルールなので、子供のころからそういう世界で育ってきた選手にとっては恥でもなんでもありません。監督に言われたら、わざと負けたり、悪質タックルでケガをさせたりなんて、あたりまえのことです。これは部外者が口を挟める問題ではなく、もうつまらないから見るのはよそうとか、ボールを蹴るのはうまくても人としては尊敬できないと感じるしかありません。スポーツ選手や先生や学者といった、見聞の狭い人たちには、一般人には信じられないような考え方や行動をする人が多いです。だからこそ、その分野では抜きん出ることができるのかもしれません。

 そんな非常識な世界ですから、小さい子供と手を繋いで入場したりして、なるべくはやく洗脳しようとしているみたいです。

 試合にでられた控えの選手にとっても、決勝トーナメントで戦える日本チームにとっても、良い記念になって良かったと思います。

 そんなことを言われないためには、このあと勝ち進むしかありません。ガンバレ!

« 【勉強しなさい】 | トップページ | 【くやしくないだろ】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【勉強しなさい】 | トップページ | 【くやしくないだろ】 »