« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017.09.20

【自分で洗いなさい】

 先日ラジオを聞いていたら、アナウンサーが聴取者からのメールを読んでいるときに「心があらわれる」と言ったのに違和感を覚えました。

 これが、藤田ニコルだとか滝沢カレンが言ったのなら、特に気にしないのですが、アナウンサー、それもNHKのアナウンサーのイントネーションがおかしいと、とても気になります。アナウンサーといっても地方出身者も多いので、どうしても訛があって標準的な東京の発音にならないのは仕方ないことだし、共通語と東京弁にもだいぶちがいがあるのでしょう。

 けれども、箸と橋と端のように抑揚のちがいで言い分けて聞き分けている言葉は、なるべく使い分けてほしいものです。

「心が洗われる」と聞こえたので、不審に思ったのです。メールに「洗われる」と漢字で書いてあったのかもしれないけれど。もしや、心は洗われることがあるのかと父親に尋ねたら、洗われてキレイになるという意味だと躊躇なく説明されました。

 たぶん、みなさんの持っている辞書には「心が現れる」は出ているかもしれません。「~洗われる」のほうは、なかなか出ていないでしょう。洗ってキレイになるというのも悪くない表現かもしれないけれど、現れるは、本来の素直で飾らない心の中が示されるという意味なので、こちらのほうが美しい。キレイなのと美しいのはちがいます。

 父親の世代でこんな新語をつくっているのだから、いまでも「マギャク」とか「ウザイ」とか新しい言葉ができてもヘンではないのですが、無知で変わってしまうのではなくて、センスの良い言葉をつくりだしてほしいものです。やっぱり、ゴシゴシ洗われるなんてゴメンです。

 でも、たまに命は洗濯しますけれど。

| コメント (0)

2017.09.18

【仲間はずれになりそう】

 国連の追加制裁が採択されたことに、すぐに反応したように北朝鮮が弾道ミサイルを打ち上げて北海道の上空を横切ったために、その日のテレビは一日中おなじ話題で盛り上がっていました。

 Jアラートという、瞬時に警報を流すシステムがあるらしくて、ミサイルが日本の方向に発射されるとすぐに鳴らしちゃうみたいで、見えないし聞こえないくらいの高度を通過するミサイルなんかで鳴らすなという不満もでているそうです。

 文句なんて、もちろんミサイル着弾点が日本から遠く離れた太平洋上で、何事もなかったから言えることで、もし日本に撃ちこまれていたり、失敗して墜落したり、途中で爆発して破片が落下してきたりしたら大ごとです。逆に「警報や情報が遅い」くらいの文句を言いそうです。文句を言うヤツは何にでも言うものだから、政府のやることなんかは恰好の餌食なのでしょう。

 もっとも政府も再三の挑発行為に今回は抗議をして「最も強い言葉で断固非難した」そうです。こんなときこそ、例の豊田真由子議員の出番で、

「このデブー! そんなつもりはないんですぅ~♪」

と、暴言の数数を駆使してもらって、電話越しにでもケリの一発くらい入れてもらいたいものです。才能の見せどころで活躍のチャンスだったのに、入院してテレビで言訳している場合ではありません。

 せめて「ふざけた髪型しやがって」くらいのことは言ってくれたのでしょうか。

 他人のことを羨んで不満をぶつけたり、相手を負かすことで自分が上位にいるように錯覚したり、存在をアピールしたいなんて、家族にかまってもらえない淋しい子供のような行動ですが、忘れられたくないし、本当に怒らせたくもない。

 でも、とっくに嫌われていますけれど。

| コメント (0)

2017.09.06

【自己主張も自己嫌悪も自己高評価】

 忙しいことをアピールする人がいます。それも、けっこうたくさん。たとえそれが、美人をでも、頭が良いでも、お金があるでも、リア充でも、過剰に訴えられると心優しい人であっても引いてしまうものです。

 美人だとか才能だとか金持ちだとか仕合わせだというのは、自分が他人よりも優れているという自慢でしょうから、他人に興味がない僕でも、言いたくなる気持ちは少しくらいならわかります。

 でも、自慢話は誰もが嫌がる退屈なうえに苛つく、最も時間の無駄だと感じるものですから、なるべくしないように心がけています。そもそも人に自慢できることがないのでしたくてもできないから、取り越し苦労なのですが。

 しかし、忙しいとか、お金がないとか、ケガや病気だとか、服や髪型がダサイとか、本人にもマイナスで、聞かされても当人の努力が足りないだけだと感じるようなことをアピールするのは、いったいどういう心境なのでしょうか。

 夕方の食料品店とか、今日が締め切りだとかいうので忙しいのは理解できますし、実際にあります。たいてい仕事をしている人や子育て中のお母さんなんかは、毎日忙しいものです。

 けれども来週とか来月とか、ちょっと先の予定が忙しいと言われても、ぜんぜんピンときません。グズで頭がわるいからと評価を下げるだけのことなので、できれば隠しておきたいことなのに、敢えて言うわけですから、よほどの理由や駆け引きががあるのでしょう。誘いを断る口実なら、別の用事があると言えばすむのに、自分をダメ人間に仕立ててまで嫌われたいなんて。どうせ長所でも短所でも、アピールは嫌われるのに。

 理解できないから、見ていておもしろいけれど。

| コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »