« 【女性の意識向上】 | トップページ | 【築地ファースト】 »

2017.06.21

【理解力】

 国会では、四国に新しい獣医学部の大学をつくることを問題視して、総理大臣が圧力をかけて進めたのではないかという質問を野党はいつまでもしつこくやっていましたけれど、見ているほうはウンザリしませんでしたか?

 そもそも四国に獣医学部は必要ないなんて、あんまりな話です。そんなことを言ったら、日本にこんなにたくさん美術大学はいらないと思うし、大学自体が多すぎると思います。

 獣医学会は、もう獣医は足りているから学校もいらないと言っているようだけれど、教師だって歯医者だって美容師だってサラリーマンだって、たいてい余っているけれど毎年率業させています。美術学校を卒業したら芸術家になれるなら、そんな楽なことはないし、文学部を卒業したら文筆家や法律家にならなければいけないわけでもありません。卒業後のことは本人が決めることで、勉強したい人から勉強の場を取り上げることはありません。

 けれども、じつはそういった内容はどうでも良くて、かつて民主党政権のときには政治主導といって政府が事業を仕分けしていったにもかかわらず官僚はことごとく反発して言うことを聞かなかったのに、どうして安倍首相の一言でものごとが進むんだと恨んでいるフシが見受けられます。他人を羨むなんて、みっともなくて悲しいことだけれど、どうしても褒められることも尊敬されることもない人からすれば、妬み嫉みの対象になってしまうのかもしれません。

 本来なら与党と野党、いや、党それぞれの方針に基づいて政策、予算、法案について話し合うへぎ場なのに、たいてい個人の失敗や揚げ足とりばかりで醜い。

 説明責任なんて言うけれど、わかろうとしない人、信じない人に、なにを言っても理解しません。

« 【女性の意識向上】 | トップページ | 【築地ファースト】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。