« 【野生の王国】 | トップページ | 【うるさいのはどっちだ】 »

2016.12.23

現代語訳?

 いまはどこでもそうなのか、息子の小学校では毎日宿題がでます。僕のころは、宿題のない日もけっこうあったと思うのだけれど、ときには自主的にやらずに登校したりもしていたので、ひとりだけ記憶がちがっている可能性もあります。

 それにしたって、子供にも家に帰ればいろいろとやることはあるのだから、勉強なんて学校の中だけで終わらせてほしいものです。宿題なんかやってるヒマはありません。若いうちに学ぶべきことは、ほかにもたくさんあります。

 そうはいっても、宿題の内容は漢字をおぼえたり算数の計算をしたりですから、反復がたいせつです。それと国語の音読が必ずあるのですが、これは良いことです。本なんて無理にでも、言われなければ読みませんから。せめて、国語の教材でも読むクセがつくのは良いことです。インターネットなんて見ていても、語学力も表現力も思考力もぜんぜんつきませんから。

 そんな息子の部屋から、宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ」を読む声が聞こえました。小学二年生なので、ちょっとはやい気もします。

 けれども賢治の作品は、気取ったむつかしい言い回しではなく、丁寧で綺麗な言葉づかいなので、小学生が読むにはとても良いと思います。僕も、高学年で「雨ニモマケズ」を暗唱した覚えがあるので、なつかしく聞き耳をたてていました。

 しかし次の日、僕が宿題に付き合うと、おどろくことに藁半紙にプリントされたその詩は「ひらがな」で書かれていました。「雨にも負けず」と、仮名を漢字に変えてもいます。

 義務教育関係者は、往往にして芸術を理解しませんけれど、またかといった感じで憮然とします。

 文学は、筋がだいじなのではなくて、表現がたいせつなのです。言葉を選んで、漢字にするか仮名にするか、句読点を打つか改行するか、順番はどうか考えに考え抜いて書いているのに、勝手に書きかえられたら憮然とします。

 わざと二回書いている「憮然」は「ブゼン」と読みますが、ごくたまにこれを、腹をたてている態度だと勘違いしている人がいるみたいですが「憮然とする」は「ガッカリする」とか「呆れてものも言えない」といった意味です。「ブゼン」という強い濁音から、怒っているように受けとったり、知らないのに疑問に思わなければ調べませんから、まちがって使ってしまいます。

 百歩譲って、カタカナは低学年の子に読みづらいので、ひらがなにするのは許すとしても、改行や仮名を漢字に変えるのはバカバカしいにもほどがあります。

「負けず」だけではなく「勘定」とか「見聞きし分かり」とか改竄のオンパレードですが、クライマックスの「ミンナニデクノボートヨバレ」を「皆にでくのぼうと呼ばれ」と書きかえるのは、せめて「でくのぼー」と書いてほしいし、御丁寧に「皆」には「みな」と振り仮名が振ってあります。これはもう、完全なまちがいで「みんな」と「みな」では、意味は一緒でも印象がちがいます。

 詩や文章には、雰囲気や趣はだいじで、「みんな」と読んでほしいから、わざわざ「ミンナ」と仮名書きしているのです。「デクノボー」と「でくのぼう」と「木偶の坊」も、耳で聞いたらおなじだけれど、目で見た印象はちがいます。

 字が読めない子供に、読み聞かせをするのは良いことだと思いますが、文字を習ったらおなじ本を読ませますし、自分から読みます。

 海外の書物を、外国語に堪能ではない人のために、日本語に翻訳してくれるのはありがたいことです。訳者はひじょうに苦労するみたいです。物語だけでなく、情緒をべつの言語に置きかえるのはたいへんです。古い作品に、いくつもの翻訳が存在するのは、上手い下手だけではなく、雰囲気や好き嫌いなど、さまざまな解釈があるせいでしょう。

 芸術の核になる感性やひらめきは、学習して得られるものではないので、真面目に勉強して大学まで行って教育者になった人に備わっていないのは、あたりまえかもしれません。逆に、真面目に勉強しないほうが、伸びることがあるくらいです。

 ちゃんと勉強して東大に入って先生になった夏目漱石や芥川龍之介より、勉強しないで東大に入った太宰治のほうが人気があるのは、説明しづらい部分でしょうから。

« 【野生の王国】 | トップページ | 【うるさいのはどっちだ】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。