« 【いのちいろいろ】 | トップページ | 【北朝鮮も韓国も】 »

2016.11.30

【始末と罰】

 豊洲市場の建物の下の盛り土がされていなかった問題で、東京都は当時の部長級以上の幹部十八人を処分にしたと聞いたとき、小池知事も恐ろしいなと感じましたが、懲戒処分といってしばらく減俸する程度だそうです。

 僕はまた「処分」なんて文字を見て「粛清」とか「ポア」とかを思い浮かべてしまって、日本でもこんなことで始末されてしまうことがあるんだと、勝手におどろいていました。

 もちろん江戸時代だったら、すでに何人か切腹していなきゃならないところでしょうけれど。現在は、生き恥をさらしているうちに、更生してくれるか、まわりが忘れてくれるかを期待します。

 豊洲市場の工事では、地下の盛り土をしないで開場したら、単に後期を遅らせた責任を知事自らも問われかねないので、すでに減俸していますが、十八人の幹部のみなさんには土を運んで労働奉仕をしてもらっても良いかと思います。

« 【いのちいろいろ】 | トップページ | 【北朝鮮も韓国も】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。