« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016.11.30

【始末と罰】

 豊洲市場の建物の下の盛り土がされていなかった問題で、東京都は当時の部長級以上の幹部十八人を処分にしたと聞いたとき、小池知事も恐ろしいなと感じましたが、懲戒処分といってしばらく減俸する程度だそうです。

 僕はまた「処分」なんて文字を見て「粛清」とか「ポア」とかを思い浮かべてしまって、日本でもこんなことで始末されてしまうことがあるんだと、勝手におどろいていました。

 もちろん江戸時代だったら、すでに何人か切腹していなきゃならないところでしょうけれど。現在は、生き恥をさらしているうちに、更生してくれるか、まわりが忘れてくれるかを期待します。

 豊洲市場の工事では、地下の盛り土をしないで開場したら、単に後期を遅らせた責任を知事自らも問われかねないので、すでに減俸していますが、十八人の幹部のみなさんには土を運んで労働奉仕をしてもらっても良いかと思います。

| コメント (0)

2016.11.28

【いのちいろいろ】

 福岡県のテーマパーク、スペースワールドで、死んだ魚介類約五千匹を氷漬けにしたスケートリンクに「倫理観がない」などの批判が寄せられて、アイススケート場の営業を中止したというニュースがありました。

 これが博物館だったら、魚の剥製の上をガラス張りにして水中を覗けるような展示は喜ばれるのですけれど。それとも、掘りだした魚は、隣のコンロで焼いて食べられるアトラクションだったら、問題なかったのかもしれません。多くの人は、シャレとして受け止められることも、許容できない少数の人で大ごとになる時代です。

 おなじ日に、北海道のオンネトー湯の滝のグッピー駆除作戦のニュースもあって、おもしろい。こちらは、外来熱帯魚が滝壺の環境を変化させているので根絶するそうです。

 グッピーなんか食う人はいませんから、殺して捨てるのでしょうね。

 どこからが重くて、軽いのか迷います。

| コメント (0)

2016.11.25

【紅白歌合戦】

 大晦日恒例、NHK紅白歌合戦の出場者が発表されると、毎年話題になるのが落選者。ファンとしては、好きな歌手が大きな歌番組で歌う姿を見ながら炬燵や暖炉にあたりながら年を越せたらうれしいけれど、ファンじゃなければ誰でもおなじです。

 ヒット曲が知りたければレコード大賞を見れば良いのだし、紅白はヒットに関係なく、NHKへの貢献度とか、再結成とか復帰とか、なんでこの人がというビックリ選出があって良いと思います。

 しかし、これを他のテレビ局が取り上げて、ヤイノヤイノと難癖をつけるのはどうかと思います。他局の番組を宣伝するのもどうかと思いますし、視聴率が下がっているとバカにするのもみっともない。

 ならば、この時間には自局の放送を中止するとか、オリンピックみたいに同時に紅白を流すとかすれば良いのです。そんなに和田アキ子が聞きたかったら、放送すれば良いし。

| コメント (0)

2016.11.18

【不認知ドライバー】

 連日の高齢運転手による無謀運転事故報道が恒例となっています。

 そして、老人が引き起こす交通事故が増えているという見解になっています。しかし、単純に老人が増えているので、その分老人の事故も増えているとも考えられます。

 昨年の交通事故は、五十七万三千八百四十二件。老人以外の事故も、そうとう多いです。交通事故自体が問題です。けれども、事故件数は十年くらい前から年年減少しています。若者が減って、そのうえ免許や車を持たない人が増えているのも要因でしょう。その中で、高齢者による事故だけが、増えています。

 見つけだしてニュースにすると、急に増えたように感じるかもしれませんが、もしかしたら無視していただけかもしれません。

 芸能人の不倫や麻薬なんていまにはじまったことではないし、むかしからイジメや待機児童だらけでした。

 なにを問題にするかが、問題なのです。

| コメント (0)

2016.11.11

【秘め事】

 なぜ電車内での女性の化粧作業ばかり批判されるのか、という苦情があとを絶たないそうです。

 けれども「ばかり」ではありません。マナー広告には、スマホ、整列乗車、背中の荷物、泥酔、騒音、香水、痴漢、暴力と様様に警告しています。痴漢や盗撮や暴力は犯罪ですから問題外ですが、そのほかは気をつけないとまわりを不快にさせることです。礼儀や行儀は、他人に対する振る舞いです。

 中でも目を覆いたくなるのが化粧をする行為です。なぜなら、特殊な理由がないかぎり、人に見せないことだからです。ウンコをするとか浮気をするとか横領するとかとおなじ、恥ずかしいことです。できあがった顔が恥ずかしい人も中にはいますけれど、化粧しているのは悪くありません。

 寝癖頭でシワくちゃのスーツやシャツのサラリーマンが見苦しいように、化粧が間に合わないだらしない女性は、見苦しいのです。

| コメント (0)

2016.11.07

【期待したい】

 アメリカの次期大統領選挙が目前で、なぜか日本でも盛りあがっていて不思議な感じがします。

 日本の報道や反応が影響したり、一言もの申せたりするのなら存分に取り上げてもらいたいものですが、たぶんそんなことはこれっぽっちもありません。

 しかし、しかも、共和党候補のトランプさんになったら困るというような、偏った意見が多くて、聞かされる日本人は困ってしまいます。自国の代表を決めるのは国民ですからね。日本だって忘れてしまっているかもしれないけれど、民主党政権を選んだのは日本人です。トランプ大統領になったら、日本の米軍を引き上げてくれるかもしれないので、戸惑うどころか沖縄県民や自民党以外の政党はうれしいのではないでしょうか。

 イギリスの国民投票や都知事選挙や韓国大統領など、多数派意見が必ずしも良い結果を生むとはかぎりませんけれど。

| コメント (0)

2016.11.04

【生涯と将来】

 どういう権利があってか、役人や専門家は一般的ではない言葉の定義を勝手にします。

 いまは生涯未婚率が五人に一人の割合だと言いますが、そんなにいないだろうと感じます。一度も結婚せずに亡くなった年寄りをあまり知らないからです。いまの若い人はなかなか結婚しませんが、むかしは世話をやかれて一度くらい結婚している人が多いからです。

「四十五~四十九歳」と「五十~五十四歳」未婚率の平均値から、「五十歳時」の未婚率を算出したものを「生涯未婚率」というそうです。わかりますか?

 計算自体がバカげてますけど、全く生涯とは関係ありません。但し書きで「五十歳で未婚の人は、将来的にも結婚する予定がないと考えることもできる」と決めつけています。

 そのとおりなんですけれど、ずいぶんバカにしています。独身の人は、もっと怒って良いと思います。本当のことを言われると、腹がたつでしょ。

| コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »