« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016.06.29

大後悔時代

 イギリスのEU(ヨーロッパ連合)残留の賛否を問う国民投票の結果、離脱することに決定しました。

 キャメロン首相は残留派だったので、実際には国民の意見は考慮したうえで、やはり残留するという方法もあると思うのですが、さらに無責任で、自分は首相を辞任して、次の人に離脱手続きをまかせることにしました。

 自分の意見がとおらないと、すぐにやめるのは大人の悪いクセです。国民の意思を汲んで、自らが方向をかえて脱退することにしても良いと思います。公金横領や高額出張空出張や浮気や賄賂などの不祥事を起こしたわけではありませんから、辞任してほしいとも辞職すれば済むとも思っていません。

 この結果を見て、日本の訳知り顔な大人たちは、一様におどろいたというコメントをしています。こんな結果になるとは思わなかったなんていう、バカな大人もたくさんいます。

 多数決をとったら、どちらかの答えがでるのがあたりまえです。二択じゃない場合は、どれか。まれに「わからない」という選択肢があることもあります。

 けれども、結果がわかっていて、もしくは期待して決をとるのは危険です。多数決の結果は、いつでも「わからない」からです。そして、たいていはバカバカしい事態に陥ります。

 自分の予想がハズレた人は「ありえない」とか「まちがいだ」とか「少数意見の尊重」とか、未練たらしい、日本人が大嫌いな潔くない行動にでます。

 いったいなんのための多数決なんでしょうね。多数決では、一票でも多い意見が採用されるのが正当です。たとえそれが正解ではなくても。それが民主主義です。

 本来は、国民が選出した下院議員と上院、イギリス王国が会議をくり返して、意見を交換したうえで結論をだします。

 イギリスのEU残留国民投票は、議会での抵抗勢力をおさえきれずに、国民に決めさせることになったのでしょう。これは、賢いやり方ではありません。

 今回のように、党内で意見が割れることは、日本でも小泉政権のときに郵政民営化をめぐって起こりました。政権政党の方向が定まらないと、政府の政策がままならないので、やはり国民の意見を聞くという手があります。賛成か反対の国民投票という方法は日本にもあるのですが、その前に衆議院の解散総選挙がたいていは選ばれます。つまり、有権者の代表である代議士を選びなおして、話し合いに決着をつけてもらうということです。二択の国民投票よりは、少し国民の責任が軽いように感じます。

 解散がないイギリスにとっては苦渋の選択だったかもしれないけれど、国民投票の結果は必ず軽率なものになりますから、滅多なことでつかってはなりません。選挙の結果も、たいがいダメなもので。民衆というのは考えがないので、見た目や口車に乗りやすく、騙されてマズイほうを選びがちです。いつまでたってもアホウな政治家が減らないのは、そのせいです。最近では、セコくてズルイ知事が世間を騒がせましたが、次回にマトモな人を選べるとはかぎりません。

 それでも、大衆が直接政治を左右するよりはマシです。餅は餅屋。政治は政治家(政治屋ではありません)です。手作りのチョコレート、はじめて編んだセーター、施主が口だしすぎた住宅、サークルのチラシ、町会の縁日が、ダメだなぁ、やっぱりプロにまかせたほうが良いのにと感じたことがあるはずです。菓子や裁縫なら、何度も挑戦しているうちにうまくなることもあります。けれども家なんて、一生に何度も建てられませんから、たいてい失敗しっぱなしです。まして国民投票なんて、生涯経験しないのがふつうなので、うまくいくはずがありません。

 うまくいかないものに委ねるというのは、ほとんどヤケになって責任転嫁しているのでしょう。無能なマスコミや評論家は、結果を見てから慌ててコメントしています。EU各国の代表も、日本やアメリカも、企業も投資家も、だれも国民投票自体を止めようとした人はいません。まさか自分たちの予想が、ハズレるとは思っていなかったからです。楽観的で脳天気な、オメデタイ人たちです。

 ですが、古い価値観をもった人たちの予想に反したことが起きたということは、新しいことが起きているということでもあります。新しいことが良いとはかぎりませんけれど、前進している感じはします。ソ連が崩壊したり、黒人大統領が誕生したり、中国共産党が倒れたりしたら、なんとなく新たな希望があるような気がしませんか。

 なんと、EU脱退に投じた当人がおどろいて、後悔しているようですが、もっと自信をもってください。

| コメント (0)

2016.06.20

【ことば】

 ラジオ番組のゲストでT字路sという、ブルース&フォークデュオがトークとソングを披露していて、とてもたのしく聞いていたのですが「ティージロス」が「T字路s」というのはわかりませんでした。

 理解したのは「人生のT字路に」とタエコさんがコメントしてぴんときました。

 先に言葉ありきで歌っているという話をしていたので、わざとふざけてグループ名につかっているのだと思いますが、T字路はダサイ言葉ですよね。たぶんTシャツ、Yシャツの表記からできた言葉だと思いますが、本来は丁字路です。大人は、知っています。

 けれども、NHKの「シャキーン!」でY次郎がY字路をさすらうというコーナーの音楽も担当しているそうなのですが、これは子供番組なので「Y字路」なんて下品な言葉を先に覚えてしまったら残念です。

「Tシャツ」「ワイシャツ」「丁字路」「三叉路」「人生の岐路」です。

| コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »