« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016.03.29

【アンチなのですが】

 白鵬関が千秋楽で日馬富士の突進をかわして優勝したことに、苦言どころか文句や野次を至るところで聞きますが、これは僕は特に悪いともヘンだとも感じません。

 ベッキーだとか乙武だとかハナから嫌いなタレントが叩かれていると、ちょっとザマーミロという気持ちにはなるので、白鵬関も好きではない僕としては、猫欺しや駄目押しで非難を受けているのは当然と思って見ていました。それは、横綱が格下の力士にセコイ真似をするのは見苦しい、品格がないということだからです。いわゆる横綱相撲をしなければ、横綱の格が下がってしまうからです。

 横綱はチャンピオンとちがって、陥落することも返り咲くこともできない立場なんです。

 けれども今回は、相手も横綱。横綱相手に横綱相撲なんてありえないでしょ。真剣勝負に決まってるじゃないですか。

 不平不満をぶちまけて鬱憤を解消しようとしている人のほうが、よっぽど醜いですよ。

| コメント (0)

2016.03.26

【誘導尋問】

 私立高校の専願受験推薦が得られなかったことが理由で、中学三年生の男子生徒が自殺した事件で、学校の杜撰な進路指導面談に非難が集まっています。

 一年生のときの誤った他人の万引記録が元で学校から推薦できないといわれたあとに死んでいるので、万引犯にされたことが苦痛だったのか、推薦を受けられなかったのが残念だったのか真相はわかりません。それにしたって生徒の名前を取り違えるなんて、バカもほどほどにしてほしい。

 面談が廊下での立ち話だというのも開いた口がふさがらないけれど、一年次のことなので確認をとるのが当然だろうと誰もが感じることです。ところが、これは本人に確認をとったといいます。しかも肯定したと。

「万引、したよね?」

 暴力や万引で荒れていた学年だったそうです。日付も場所もいわずに尋ねたら、身に覚えがあれば「はい」と返事してしまいます。

| コメント (0)

2016.03.23

【学歴会社】

 テレビっ子の僕がニュースではじめて耳にした名前で、いったいどんな番組でどんなことをしていた人なのか知らないのですが、ショーンKというタレントが経歴詐称で出演していたテレビとラジオを降板しました。

 視聴者は浮気や覚醒剤とちがって学歴や資格のウソには、かなり寛大なようでアンケートでは六割以上がゆるせると答えています。

 先日もテレビで東大生と芸能人とのトークバラエティを見ていましたけれど、つくづく勉強はできるけどバカなんだなぁと感じました。ふつうや、勉強もできて聡明な人では番組としてつまらないから、できるだけアホウな人ばかりを選んだのでしょうけれど、学歴がどれほど当てにならないかなんて、一般人はみんな知っています。

 高学歴な人たちと落第した人だけが、学校とか資格とか肩書に目が眩んでいるようです。はなから学校にも留学にも組織にも興味がない僕らのような者は、第一印象で決めます。

| コメント (0)

2016.03.18

【鳶は鷹を生まない例】

 親戚の中学生の娘がグレて、学校をやめてしまって、家でゴロゴロブクブク過ごしているようで心配しているのに、肝心の家族は案外無関心で、好きなだけ寝て、勉強どころか家事も手伝いも趣味さえも、なにもせずに一日が過ぎ、一年が過ぎてゆきます。

 学校が絶対とは思いませんが、十四歳なんて、いろんなことを感じて考えて、困難に見舞われては失敗したり克服したり、仲間や理不尽な大人の中で悩んだり迷ったり笑ったり泣いたり、様様な経験の中で身をもって知ることのできる絶好のチャンスなのに。

 小さいころから挨拶ができなくて、ダメなのはわかっていたのだけれど。これは彼女が悪いのではなく、二つ上の姉も父親も母親も誰も挨拶なんかしないような家で育てば、人間関係で悶着を起こします。

 我慢ができないし、勇気はないし、人の気持ちはわからない。自分の気持ちも、わからないのかもしれないけれど。

| コメント (0)

2016.03.16

法律と善悪

 プロ野球の清原和博選手が覚醒剤で捕まったことで「清原」という名前を表紙に印刷するのがためらわれるという理由で、元奥さんでモデルの清原 亜希さんが雑誌の仕事をキャンセルされたとかで芸名から清原をとって「亜希」に改名したそうです。

 大人がこんなことをしているから、育ちの悪い子供が真似して、つまらないことでイジメたりからかったりするんです。離婚するまえから覚醒剤を使用していたようなので、奥さんが全く関係がないか責任がないかといえば、多少リスクを負うのも仕方ないかもしれません。けれども、たまたま「清原」という名字だからというだけで肩身が狭い思いをするようなことは、絶対にあってはなりません。

 黒人だからユダヤ人だからアイヌ人だからという、ただそれだけで殺していいわけがないことは、いまは誰でもわかります。

 以前、歌手の飛鳥了さんが、やはり覚醒剤所持で逮捕されたときに、CDショップの棚からチャゲ&飛鳥の作品を撤去したというニュースを小耳にはさんで、呆れ果てて薬にはしりそうになりました。まだ、罪も罰も決まっていない状況で、ずいぶん過剰な反応です。

 いつからこの国は、こんなに潔癖になったのでしょうか。晒し者にもしないけれど、その存在も行跡も功績も忌み嫌うようになりました。そんな、ものの見方は、子供を自殺や引き籠もりに追い込みます。

 上空をミサイルが通過しても、原発の電源が落ちても、取り乱さずに冷静に対応したいものです。

 そもそも、覚醒剤を摂取するのも製造するのも所持することさえ法律違反なのですが、なぜイケナイことなのか、もっと丁寧に説明していただかないとわかりません。自動車に乗ったら必ずシートベルトをしろといわれるくらい理解不能で、余計なお世話です。

 ドラッグでラリっていると、幻覚を見て通り魔などの犯罪を犯すからといわれても、昔ほどそんな事件を聞かなくなっているのでピンとこなくなってきました。

 酒に酔って、暴れたり、駅員やタクシー運転手を殴ったり、目の前の女性に痴漢をする人があとを絶たないからといって、アルコールを禁止されたら困ります。取り締まる側の警察官も、けっこう頻繁にやっていますしね。

 貧困にたえかねて万引きをする老人がふえているから、貧乏はヤメロといわれたって、本人だってやめたいのはやまやまですが、そうもいきません。

 覚醒剤は、心だけでなく体も蝕むからイケナイという人もいます。

 けれども、タバコを吸う人も脳や喉や胸を患っていて、たいてい気が利かないし、いつもイライラしているかボンヤリしています。

 塩や砂糖が大好きな人は、内臓をやられて調子が悪いどころか通院しちゃったりして、実質的に医療費が嵩んで国の財政を圧迫しています。これは、地味に節制したり摂生している多くの国民にとっては、迷惑な話です。

 国家が取り締まっていることと、人として道徳的に規制していることの基準はちょっとズレたところにあるようで、正直な者には見極めがつきにくい。マスコミの基準は、またちがっていて全くわかりませんし。名前や顔だけ隠したり、過去の足跡を消し去ろうとしても意味がないのに。成績は、彼を知る人の記憶の中からは消せません。個性が強ければ強いほど印象も鮮明ですが、個性があるということは、孤独なことが多い。

 既成概念にとらわれない才能を天才といいますが、人の世に住むつもりなら、不倫行動は慎みなさい。不倫の内容も時代によって変わってしまうから、世が世ならということもたくさんありますけれど。

 浮気はまあ人道的にも法的にも寛大なようですが、売春は市民が許しても裁判所が許しません。覚醒剤はどうも、国も国民もかなりキビシク断罪しないと気が済まないみたいです。

 もともと日本が開発した夢の薬で、ふつうに薬局で売っていたものだから、世界が容認してくれれば、もしかしたらちょっとやってみたいと思っている人もいくらかいるのかもしれないけれど、ガマンしている分キビシクなるのかしら。

 あんまり他人に厳しい世の中って窮屈ですけど、薬を打ってもギターを弾いてもボールを蹴っても、他人を傷つけることなく暮らしてくれれば良いです。大人の料簡で押さえつけられても、迷惑です。

| コメント (0)

2016.03.14

【ドーピングシンパ】

 プロテニスプレーヤーのマリア・シャラポワ選手がドーピング違反を告白して、どんな処分が下されるのか注目ですが、気づかずにつかっちゃいましたという言い訳は通用しないというのがアスリートたちの共通する意見で、たぶんウソだろうという見解がほとんどです。僕も同感です。

 ですが僕は、ドーピング推奨派なので、これを機にプロスポーツの薬物解禁で、超人的パフォーマンスを見たいものだと密かに期待しています。シャラポワ選手が十年間つかっていた薬は、特段彼女の体にも精神にも異常をきたしていない、かなり安全な薬のようですから、みんなやれば良いんです。もしかしたら禁止になるまでは、他の選手もつかっていたかもしれません。クソ真面目に絶対やらない人がいるから困るのですが、長年頼っていたら、急にはやめられませんよね。

 競技によっては、お茶やお酒もダメだなんて……。タバコはなぜ、OKなんでしょうか。

| コメント (0)

2016.03.11

【国会LIVE】

 いったいどれほどの人が国会中継なんて見ているのかわかりませんが、アホウな大人の見本みたいなことを、打ち合わせまでして見せてくれるので、意外と勉強になります。

 ほとんどは揚げ足とりな質問と、当たり障りのない答弁で、内容はどうしようもなくくだらないので、多少忍耐も必要です。

 参考になることは滅多にないので、反面教師ということになりますから、子供には見せられません。子供は、ダメなことこそやりたがりますから。それ言っちゃダメ、やっちゃダメと言うと、おもしろがって余計にやりたがりますから。

 これは、かまわれたい目立ちたいという気持ちからの行動だと思います。政治家も、見ていると世直しよりも目立ちたい願望が強い人が多いみたいです。

 目立てば、良いところも悪いところも見つかります。もし、良いところがなかったら、ダメさだけが目についてしまうというのに。

| コメント (0)

2016.03.09

【便乗かまってちゃん】

 「保育園落ちた~」を書いたのは私だ、という人が二万人以上もいるんだそうです。

「同感です」とか「賛同します」ではなくて「私です」ということで署名を集めたり、群れをなしてシュプレヒコールをおこなっていました。幼い子供を連れて、世界で不幸なのは自分だけだけれど、それは全て世の中のせいだという険しい顔のお母さんたちが集合しているのは、ちょっと恐ろしい光景です。

 こんな、はしたない母親に育てられる子供も不憫に思いますが、多くの人は「そんなヒマがあったら、ちゃんと子供の面倒みてやれ」と感じたことでしょう。でも、本人はそんなにヒマじゃないんです。まず余裕なんてこれっぽっちもありませんし。あっちにイライラ、こっちにイライラしていると、一日なんてあっという間に過ぎてしまいます。

 子供にどんな悪影響があろうとも、たまには同士が集ってストレス発散して、否定したはずの世間の注目を浴びたいんです。

| コメント (0)

【センスナイ】

 レオナルド・ディカプリオさんが悲願のオスカーを手にしました。五度目の候補でついにとれたという感じらしいのだけれど、たしかに以前、最優秀に選ばれなくて、アカデミー会員に嫌われているんだとスネて、俳優休業騒動も起こしています。

 けれども、彼ほどの人がアカデミー賞にこだわるのは、なぜなのでしょうか。僕は彼の演技はクサくて好きではないのですが、主演映画ばかりだし、ファンも大勢いてそれなりに評価も受けているし、もちろん億万長者ですから、まだほしいものがあるなんて、よっぽど欲張りなのか、魅力があるのか。

 でも、そもそもオスカーに輝くような作品って、つまらないものが多いですよね。「スターウォーズ」が最多部門獲得のときの作品、監督、主演は「アニーホール」だし、スピルバーグがはじめてとったのは「シンドラーのリスト」で同年に「ジュラシックパーク」も撮っているのに。どうも、趣味がわるい。

| コメント (0)

2016.03.04

【縄張争い】

 南支那海の西沙諸島は、中国、ベトナム、台湾が自国の領土だと主張していて、たぶんウヤムヤになっている地域があります。その島の一つに、中国がミサイルを設置していたことが判明して国際問題になっています。

 けれども、領土を取りあっているような場所に、誰にも気づかれずにミサイルを配備することなんてできるのでしょうか。

 南支那海には、さらに多くの国が争っている南沙諸島があります。そこでも中国は埋め立てて滑走路をつくったり、石油を掘ったりして問題を起こしています。日本なんて沖縄に桟橋をつくるだけでも邪魔が入って滞っているのに。中国にたのんだら、ササッと知らぬ間に完成させてくれるでしょうか。

 世界的に戦争はダメだという風潮なので、だれもいない島には先に乗り込んで支配してしまえば、もうどうにもならないみたいです。

 河原や公園の乞食や占有屋みたいな、いずれにせよタチのわるい振る舞いですけれど。

| コメント (0)

2016.03.01

【人ごとだった】

 保育園に入れなかった不満をネットでぶちまけて話題になっています。それを国会に持ちだして総理大臣に質問している変った議員もいますが、どうしてネットのカキコミって感情的で汚らしい言葉づかいなのでしょうか。インパクトはあるけれど、建設的ではないし、意見ですらないようにとれます。

 子育て支援の優先順位は上のほうだと、古舘伊知郎さんは言っていましたが、僕はそう思いません。

 うちも、はじめ保育園に入れなくて何箇月か困りましたから気持ちはわかりますが、怒ったり国のせいにしたりはしませんでした。

 赤ちゃんがいる二十代三十代の人たちが選挙に行かないのだから、後回しにされるのはあたりまえです。老人がみんな熱心に投票するのは、それ自体が意見だからです。

 待機児童問題は、もちろん重要です。お父さんお母さんになるまえから、親身になって考えないと下品で不幸な親子になりますよ。

| コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »