« 【派遣差別】 | トップページ | 【言葉を集める】 »

2015.12.02

【言葉の仕事】

 今頃のポカポカとあたたかい日を小春日和と言いますが、これを春につかう人が四割もいるんだそうです。

 言葉は時代で変化するものだというのは、わかるのですが、伝達アイテムなので互いにおなじ意味でとらえていないと具合がわるいのもたしかです。

 ラジオのパーソナリティーが「本日は雨模様で~」と話しはじめたすぐあとに、ゲストを紹介しながら「雨の中を、お越しいただき~」と言ったので、僕は「?」どういう天気なのだろうと不思議に思いました。

 雨模様は、ふつう雨が降りそうな様子を指し、雨の中は、雨が降っている状況を言います。雨が降っているかいないかは、晴れか曇りか以上に問題です。

 少しの雨を雨模様と言う人が多いから、その意味でつかうことにされてしまうと、混乱します。使い古された慣用句は、古いままつかってほしいものです。

« 【派遣差別】 | トップページ | 【言葉を集める】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。