« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年6月

2015.06.24

【新しくない流行】

 むかし、絵画教室の教え子が学校で学園祭があるというので遊びに行ったら、片付けもそこそこに帰れるというので、一緒に駅まで歩いてきたら、ホームで上履きのままだと気づいて、慌てて彼女は学校に引き返して行きました。

「カレシ?」とか友だちにからかわれていたので、緊張していたのですかね。

 そんなことを思いだしたのは、今朝の電車で上履きを履いている女の子を見たからです。ところが、その子は学校の制服を着ておらず、靴の甲にもにも踵にも名前が書いてはいないので、どうも大人の女性の外履きみたいです。

 僕はかなり流行には疎いのですが、もしかしたらキャンバスシューズがはやっているんでしょうか。三十年まえのアラレちゃんメガネもよく見かけますが、コンバースのバッシュとかVanSのデッキシューズもそのころ履いてました。

 でも、久しぶりに白い紐なしの帆布靴を見ると、オシャレだと気づかないものです。

| コメント (0)

2015.06.15

【もう知ってますから】

 地震や噴火が起きると、離れたところでスマートフォンがびいびい泣いたり、テレビやラジオは番組の都合も考えずに無機質な速報を流したり、日本中が慌てたようになりますが、世の中にはゲームソフトやiPhoneが新発売されただけでも、前日から店の前にならんでいるような、我先にしたい人たちがいくらでもいますから、ありがたいことです。

 けれども僕は、こういう卑しい人たちにくらべたら、だいぶのんびりしているほうなのか、あとで良いのにと感じています。

 これが台風とか津波とかミサイルとか、これからやってくるものだったら興味もあるし情報も欲しいのですが、地震はたいてい過ぎ去ったあとです。いま体験済みですから。

 三十分も一時間も番組をつぶして、震源がどうの原因はこうのと言われても、手遅れでシラケます。あとでゆっくり分析して、被災地の避難と状況収集に遜色がないように、まわりは黙って辛抱しましょう。

| コメント (0)

2015.06.05

【哀れな憐れみ】

 アメリカの「禁酒法」にならぶ愚法と言われる、日本の「生類憐れみの令」ですが、いまも根強く人人の心、やはり「愚」な人なのでしょうけれど、に残っているみたいです。

 日本の水族館が追い込み漁でつかまえたイルカを飼うのなら、世界動物園水族館協会から脱退させると脅されて断念しました 。

 脱退しちゃえば良いのにと思うし、追い込み漁が残酷だからという理由も、そもそも動物を入れ物の中に閉じ込めることが残酷だと、僕は思うので理解しがたい。

 それから猫を殺して裏山に埋めるのも、なんだか「動物愛護法」みたいなのに引っかかって、こちらは逮捕されます。

 もちろん、食べないのに生き物を殺したり、役に立たないから夫の首を絞めたり、泣きやまないから赤ちゃんを殴ったりしてはいけません。とはいえ、他人のペットや家族でなかったら、事情もあるかもしれないし、少し大目に見てあげ……られませんよ。

| コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »