« 【大和言葉】 | トップページ | 【ほっとスクール】 »

2015.05.02

【明日は我が身】

 海外で大地震の被害があったとか、津波で家が流されたというニュースがあっても、じつはイマイチ心が動かされません。慌てて物資を送ったり、人を派遣したりすることもないんじゃないかと思ってしまいます。

 僕は日本で生まれて日本で育ったので、どうも地震には慣れてしまっているというか、日々恐れているし、台風や津波も来るときは来るんだろうなと、半ばあきらめているところがあって、他人の心配をしている余裕がありません。戦争している人たちが、他国の戦争の心配はしにくいし、いじめられっ子が他の子がいじめられているのまでかまっていられない感じです。

 亡くなった人、ケガをした人、家財を失った人には、もちろん同情するけれども、すぐに自分たちにも起こるだろうと考えてしまうし、実際に日本にも避難して家に帰れない人が大勢います。けれども防災対策などの助言、支援はできますね。

« 【大和言葉】 | トップページ | 【ほっとスクール】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。