« 【明日は我が身】 | トップページ | 【普天間基地移転】 »

2015.05.25

【ほっとスクール】

 登校拒否をつづけていた、いとこちがいの女子中学生が、ついに学校をやめました。親が登校させるのに積極的でなかったのと、拒否する理由が親戚には公表されていないので、心配でも手をさしのべられず、はやくやめたほうが良いのにと思っていたので、一件落着かと思いきや、世田谷にある登校拒否児用の「ほっとスクール」というところへ行く気になっているようです。

 でも、スクールには行かないでしょうね。

 しかも、学年やクラスに分かれておらず、小中学生がいっしょくたにされた学童保育のような施設みたいです。社会復帰のためのリハビリといった感じなのですかね。

「ほっと」がひらがななのが気になったのですが、たぶん「ほっとく」という、放っておくか、放っておかれた子供の学校という意味なのでしょう。親はなくても子は育つけれども、手をかけて美しく育ってほしいと願うのが親なんですけどね。

« 【明日は我が身】 | トップページ | 【普天間基地移転】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。