« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015.05.27

【ヤマダ電機閉店】

 家電量販店最大手のヤマダ電機が、消費税増税の影響で採算が悪化している地方郊外型店舗を中心に、計四十六店を五月末までに一斉閉鎖することを明らかにした。

 というニュースを聞いたとき。やっぱりなと思ったのだけれど「消費税増税の影響」だけではないでしょう、と空しい気持ちになりました。

 友人がヤマダ電機に買い物に行ったときに、そうとうイライラして帰ってきた話を聞いていたのに、池袋店がオープンしたときに魔が差して一度覗いてみたことがあったのですが、もう二度と行きません。店員の接客どころか、商品に対する知識のなさがガッカリというかウンザリという感じでした。

 電化製品は価格や性能が似たものが各社からでていて、たいてい迷います。そんなときに説明ができない頼りにならない店員ばかりでは、客がはなれるのもあたりまえです。

「最大手」だなんて、不思議です。

| コメント (0)

2015.05.26

【普天間基地移転】

 沖縄の米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設反対を訴える人々が国会議事堂を取り囲むように「人の鎖」をつくったそうです。

 僕は辺野古への移転は良いことだと思うけれども、こんなに反対されたりジャマされたりするのなら、やめたほうが良いと思います。

 そもそも、アメリカ兵の暴行事件や普天間飛行場に離着陸するために民家の上を通るのが危険なので普天間基地をなくしてほしいという要望が強まったのですが、もちろん、日本の軍隊がアジアを監視することはできないので、なくすことはできませんし。自衛隊員だって警察官だって沖縄県民だって、暴行事件は起こしますから、あまり理由になりませんし。民家に脅威をおよぼさないように桟橋のような滑走路をつくるのも妥当な案だと思います。

 反対運動をする人は、生きがいをみつけて元気になったのだろうけれど、これじゃなんにも進みません。

| コメント (0)

2015.05.25

【ほっとスクール】

 登校拒否をつづけていた、いとこちがいの女子中学生が、ついに学校をやめました。親が登校させるのに積極的でなかったのと、拒否する理由が親戚には公表されていないので、心配でも手をさしのべられず、はやくやめたほうが良いのにと思っていたので、一件落着かと思いきや、世田谷にある登校拒否児用の「ほっとスクール」というところへ行く気になっているようです。

 でも、スクールには行かないでしょうね。

 しかも、学年やクラスに分かれておらず、小中学生がいっしょくたにされた学童保育のような施設みたいです。社会復帰のためのリハビリといった感じなのですかね。

「ほっと」がひらがななのが気になったのですが、たぶん「ほっとく」という、放っておくか、放っておかれた子供の学校という意味なのでしょう。親はなくても子は育つけれども、手をかけて美しく育ってほしいと願うのが親なんですけどね。

| コメント (0)

2015.05.02

【明日は我が身】

 海外で大地震の被害があったとか、津波で家が流されたというニュースがあっても、じつはイマイチ心が動かされません。慌てて物資を送ったり、人を派遣したりすることもないんじゃないかと思ってしまいます。

 僕は日本で生まれて日本で育ったので、どうも地震には慣れてしまっているというか、日々恐れているし、台風や津波も来るときは来るんだろうなと、半ばあきらめているところがあって、他人の心配をしている余裕がありません。戦争している人たちが、他国の戦争の心配はしにくいし、いじめられっ子が他の子がいじめられているのまでかまっていられない感じです。

 亡くなった人、ケガをした人、家財を失った人には、もちろん同情するけれども、すぐに自分たちにも起こるだろうと考えてしまうし、実際に日本にも避難して家に帰れない人が大勢います。けれども防災対策などの助言、支援はできますね。

| コメント (0)

2015.05.01

【大和言葉】

「日本の大和言葉を美しく話す―こころが通じる和の表現―」  良いですね、大和言葉ですって。美しい日本語ではなくて、大和言葉です。なんですかね、大和言葉って。古代の日本語のことでしょうか。

 どうも、外来語や外国語の影響を受けていない言葉のことを指しているみたいですが、日本人は自分で文字を発明するまえに、漢字を利用するようになったので、漢字の影響を受けていないことばは少なそうですけどね。熟語は漢字を思い浮かべないと意味がわからないことが多いけれど、大和言葉はそれ自体が意味みたいだし感じがやわらかいですね。

 倭人がぼんやりと暮らしていたところへ、大陸から漢字や権力や便利がやってきて争いがはじまったようなところがあります。

 著者の高橋こうじさんが、物腰を褒められて「とんでもございません」と今風に謙遜していたのはほほえましい。

| コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »