« 【田舎者】 | トップページ | 【大和言葉】 »

2015.04.11

【二回忌】

 仕事帰りの山手線がずいぶん混んでいて、前に座って眠っているおばあさんの傘を蹴らないように、うしろから押されるのを踏ん張って耐えるのも、吊革を握る手が痛くて辛いなと思っていると、目を覚ましてスマートフォンをポコポコといじっている。

 相変わらず傘は斜めに前にだしたままなので、僕は足下を気にしながら満員電車を過ごさなければならず、多少イラッとしながら、まさかゲームなんかしていたらイライラに格上げだぞと覗き込むと、メールを打っているのでした。「義父の一回忌で福岡に……」と書いてあったのですが、イライラがヤレヤレに変わりました。

 人が亡くなると、お葬式、一周忌、三回忌と毎年法事があります。日本は数えなので、一回忌というと、葬式のことになります。ところが、辞書にも「一回忌」は「一周忌」と同じとのっています。「二回」は何処へ?

« 【田舎者】 | トップページ | 【大和言葉】 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。