« 本当の気持ち(再) | トップページ | 【田舎者】 »

2014.04.09

迷惑は受けていませんから

 STAP細胞の小保方博士は、はやく謝ってしまえば良いのにと以前書きましたが、どうも全く謝る気はないようで、逆に開き直って言い訳をしたいみたいです。

 研究所が調べた結果、STAP細胞ができたのかどうかはわからないけれど、実験データの一部は捏造、改竄であると認めました。

 しかし、博士は捏造も改竄もしていなくて、単純なミスだったと言いたいみたいです。ならば早急に正しいデータと差し替えるべきですが、たぶんないのでしょうね。

 多くの女性は、多くの場合、まず謝らないものですから、どんどん追いつめられて逆ギレするのでしょうけれど、どんな言い訳をするのかたのしみです。

 この事件で、論文をチェックした同僚や上司は、捏造に気づかなかったのかという人がたまにいますが、僕は当然気づかないものだと思います。

 なぜかというと、研究結果を見るときには不正はないという前提で向き合うはずですから。

 実験のつじつまが合っているかとか、データから導きだされているものが正しいかはチェックされますが、データ自体がニセモノだったり、実験そのものがウソだった場合には、わからないのではないでしょうか。だから、発表されたあとに不正は発覚するんです。

 複数の人が、STAP細胞ができる過程を見ていたと言っていますが、マジシャンに渡されたカードかいつの間にかすり替わっていても、いったいいつどこでなにが起きて結果がでたのか、近くにいるほどわからないようなものです。

 ですから、理化学研究所の対応がわるいということはありませんし、ましてや上層部は減給や降格をするべきだなんていう、ステレオタイプなことを言うのは、甚だ滑稽です。

 たとえば、これが企業なら調査や謝罪だけでは済まされないということらしいのですが、残念ながら研究所は企業ではありません。冷凍食品に毒が混入されり、欠陥がある自動車を知っていて売り続けたというのであれば、当然会社全体で責任を負うことになります。それは消費者が迷惑を被るどころか、命にかかわることさえあるからです。

 けれども、学者が論文を発表したところで、一般に得をする人も損をする人もいませんから、本来責任をとることすらありません。まちがった情報を流すのは罪だというのなら、新聞にも雑誌にもテレビにも教科書にもあるウソも糾弾してください。

 小保方博士は謝らないだろうけれど、もともと謝る必要はないのかもしれません。僕らは、なにも損してませんから。ただの野次馬です。母校の早稲田大学は、だいぶ迷惑なようですが。

 ただ、信用は失いますね。

« 本当の気持ち(再) | トップページ | 【田舎者】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本当の気持ち(再) | トップページ | 【田舎者】 »