« やりたいことを、やるために | トップページ | 負けず嫌い嫌い »

2012.02.11

モテない気持ち

 二月になると、東京は一段と冷え込むものですが、今年は各地で記録的な大雪が降ったりして、ほんとうに寒い日がつづきました。雪が降ったころに比べたら、幾分和らいでは来ましたが、また雪が降ったりするかも知れませんし、日が暮れると急に寒くなるので暖かい格好ででかけましょう。


 暖かいといえば、二月のイベントは節分の豆撒きをしてしまったらバレンタインデーですね。クリスマスに次いで、日本に定着したキリスト教のお祭りだと思いますが。クリスマスには、聖ニコラウスさんが出てきますが、バレンタインデーはそのまま聖バレンタインの日になっています。

 聖ニコラウスにしても聖バレンタインにしても、日本人のほとんどが、いったいどんな聖人だったのかなんてことは、知りもしないし知りたくもないと思いますが、それでも良いです。祭ですから、無粋なことを言うのはよしましょう。
 クリスマスもバレンタインデーも、あまりに恋人たちの日になって、大騒ぎするようになってからはアンチの方たちもだいぶ増えたようですけれど、ひとむかし前はメチャクチャに盛りあがっていましたから、招待されなかった人が毛嫌いする気持ちも、なんとなくわからないでもないけれど、やっぱりわかりません。
 ほんとうは、仲間に入りたいんじゃない? って邪推します。

 日本では、お菓子メーカーと百貨店の戦略で、女の子から好きな男の子、またはまあまあ好きな男の子、若しくはお世話になっている男性にチョコレートをプレゼントするのが定番になっていますが、本来は特に女の子からとも、プレゼントの種類も決まってはいないようです。

 現代の男性は、引っ込み思案が多くてなかなか恋人がつくれないと噂になっていますが、かつては女性が告白する機会のほうが少なかったので、女性から告白してみても良いんじゃないですかと提案したんだと思います。昔の男は、余計なことを言わなくてもどんどん積極的に口説いていたんですかね。

 いまの男の子に自信がなくて、むかしの男の子には自信があったというわけではなくて、たぶん責任感ですね。女の子には声をかけてあげるべし、気持ちを伝えてあげるべし、といったような。
 サービスです。男子は選り好みしちゃいけません。分け隔てなく愛情を配らなければいけません。選ぶのは女性のほうです。たいていの生きもの、鮭でも鶴でも鹿でも、オスはやたらに格好つけてメスに選んでもらうようにできているんです。だから、基本振られる生きものなんです、男は。

 と、いうことは、バレンタインデーはシャイで自分から告白できない男の子にはチャンスです。俺には関係ないね、なんて顔をしていないで乗っかりましょう。
 でも、参加しているのにもらえない人も、中にはいるのかも知れません。
 僕は、自慢になりますが学生のころはモテたので、チョコレートをもらえなかった人の気持ちは全然わかりませんけれど、一枚ももらえなかった人と、一枚しかもらえなかった人と、何枚ももらえる人との間には、どれくらいの差があるのでしょうか。

 やはり、零と一とでは、有と無ですから、月とスッポン、雲と泥、生と死ほどのちがいがあるのかしらん。死を突きつけられるのは、たしかにとんでもないことなので、参加に二の足を踏むのもうなずけます。

 一枚もらうのと、十枚もらうのとでは、大したちがいはありません。その中に、自分も好きな女の子が含まれているかいないかで、立場は変わってきますから。一枚だけでも、相思相愛ならその後はしあわせな日々ですが、好きな女の子が別の男の子にプレゼントしていたら一晩落ち込みます。部屋に籠って、中島みゆきとかオフコースとか聞かないと明日学校へ行けません。
 いまの子は、どんな曲で落ち込むのだろう。失恋しないようにしているから、そういう曲も流行らないのかも知れません。

 ちなみに僕は「渡瀬橋」を聞くと、あのころひとりで渡瀬橋を見ながら渡良瀬川を渡ったのを思いだします。足利市立美術館に展覧会を見に行ったんですけどね。渡瀬橋は、歩いて渡れない橋なんですよ。知ってました? きっと、だれかを好きだったんだと思うのだけれど。

 さらにちなみに、中学生のときにちがうクラスの女の子がチョコを届けに来てくれて、とてもかわいい子だったのですごくうれしくて箱を開けたら「これは義理です」ってカードが入っていて滅茶滅茶落ち込みました。義理チョコ大反対です。義理なんてないし。


 それはさておき、男の子がバレンタインデーに参加するのが、コンパや選挙やマラソン大会に参加するよりもむつかしいのは、参加表明をしても資格がもらえないことがあるからです。しかも、当日までわからない。
 資格を得るには、一年間、日頃の行いを見てもらうしかありません。十四日に、チョコもお花も手紙ももらえなかったら、十五日の朝から、また一年間努力して、男を磨かなくてはなりません。

 男を磨くときに陥りやすい失敗は、男を意識するあまり、女も過剰に意識してしまうことです。男を磨くといっても、自分の良さを伸ばすことで、男も女もじつはありません。
 だから対人では、男でも女でも大人でも子供でも有名人でも無名人でも金持ちでも貧乏人でも、分け隔てなく裏表なく交際することです。もちろん、好き嫌いは良いけれど。自分の嫌いなところ、嫌われているところにも気付けるから。

 男子にとっては、三百六十五日の内の、変わらない一日です。

 チョコレートなので、甘い想い出もあるけれど、苦い想い出もあってちょうど良いのです。

« やりたいことを、やるために | トップページ | 負けず嫌い嫌い »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61819/53952207

この記事へのトラックバック一覧です: モテない気持ち:

« やりたいことを、やるために | トップページ | 負けず嫌い嫌い »