« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012.01.27

モノサシ

「しあわせの基準を決めろ」と、立川談志さんは言いました。

 僕は、ひとりっ子故か、または絵描きの性質なのか、競争心が滅多にありません。他人にあまり興味がないので、他人と比べることをあまりしません。自分と人とを比べないだけでなく、人と人とも比べません。人それぞれ、ちがいますからね。ちがうものを、おなじ基準で比べるのは困難です。面倒くさいので、しません。

 しかし、世の中には負けず嫌いな人も大勢います。
 スポーツ選手は、勝負の世界に生きているから、負けず嫌いな性格のほうが向いていると思います。大袈裟に言えば負けは、死を意味するわけですからね。本人が満足のいくパフォーマンスができたとしても、試合に勝たなければ生きていけないので、どうしても勝ちにこだわらなければなりません。ただ、自分の仕事ではないもの、たとえばトランプをしたり、ギャンブルをしたとしても、すぐに熱くなって勝ちたい気持ちを強くもつのだろうと、容易に想像できます。僕はこれが、ちょっとニガテ。

 オフシーズンに、テレビ番組で芸能人などといろいろなゲームをしているのを見ても、かなり熱くなっている人は多いようです。画面のこちら側にいたら、うっとうしいですね。

 僕は、小中学生のときに水泳をやっていて、それなりに速くて学校の代表になったり、東京都の大会にも出場したことはあるのですが、そのころでもあまり勝負にはこだわりませんでした。
 泳ぐのは大好きだけれど、練習はあまり好きではないし、試合はもっとキライでした。練習しないわりには、まあまあ良い成績でしたが、優勝したいとかオリンピックを目指したいと思うことはありませんでした。もっと小さいころから、絵を描いたり粘土をいじったりマンガを描くことのほうがさらに好きだったので、一番ではないものには必死になれなかったのでしょう。なんにでも、必死で一生懸命になれるのも、すごいことだとは思いますが、うらやましくも、見習おうとも思いません。

 どうも、いつでも懸命な人や、常に真面目な人がニガテなのは、評価を外にゆだねているように感じるからかも知れません。他人に勝つことで自分の価値を見出したり、仕事に値段をつけたり、休まなかったりすることは、自己満足ではなくて、たいがい他人に誉められたいとか認められたいという気持ちが働いているように感じます。ですよね? と、尋ねれば、たぶん「ちがう」とみなさん仰るのでしょうけれど。そう見えますよ。

 試合がなくても、歯を食いしばって練習しますか?

 お金がもらえなくても、全力で働きますか?

 仕事や学校は、どうして毎日行くのですか?

 とはいっても、誉められるのは気分が良いものです。僕も誉められるの大好きです。けれども、残念ながらそんなに誉められた覚えがありません。
 たぶん、人並みには、若しくはそれ以上に誉められて育ってきたのかも知れませんが、誉められたことはそのときに喜んで、あとは忘れてしまったほうが良いと思うので、いちいち覚えていません。

 誉められたことを基準にしてしまうと、それは自分で決めたことではないので、よくわからないのではないかと思います。やりたいことをやっているのか、やるべきことをやっているのか、はたまたやらされているのか。

 やりたいと思ってはじめたことでも、つづけていくことは案外むつかしい。仕事にするのは一つの手だけれども、いったい仕事がしたいことなのか、お金を稼ぎたいのか、いつしかわからなくなって理想も目標も失って、今日は昨日のコピーのような、明日は今日の繰り返しのような生活になってしまうこともあるので注意が必要です。

 お金を稼ぐこと自体が目的なら、行為はなんでも良いはずなのに、人は贅沢なもので、待遇に不服を持ちがちです。

 しかし、こうしてブログを書いていると、好きで好きでしょうがなく、書きたくて書きたくてしかたなくて発信している人がとてもたくさんいることにおどろきます。
 ブログはもちろん、だれかに読んでもらう前提で書くのだけれど、たとえだれも読んでいなくても、きっとみんな書きつづけるのでしょう。まったくお金にならなくても、ちっとも反応がなくとも書くというのは、ずいぶん純粋な行為で、なかなかステキなことです。

 結果に対する評価とか代替は、わかりやすいけれど、わかりやすいことはつまらない。結果の評価と、人としての価値とは別のものですし。

 金を稼ぐことも金メダルを取ることも、わるいことではありません。むしろ、良いことです。けれども、人もうらやむような、自分の手に負えないほどの財をなしたときに、気をつけていないと、ある日ふと気づけば、代わりに多くのものを失っていることがあります。たとえば、信用だったり友人だったり、とても大切なものがまわりからなくなっているのです。

 もう手遅れになる、独り淋しく死んでゆく、その前に気づいたのならまだマシですが、友人だとか家族なんかを失うくらいならまだマシです。

 ほんとうになくしてはならないのは、自分です。

 しあわせの基準。基準は自分の中にあって、それをズルズルと変えていくのは危険です。変動したら、基準になりませんから。

 若いうちに様々なものを見聞きして、正しく良質なモノサシをつくることが大切です。一つのことに懸命に打ち込んで大人になると、意外とこのモノサシが心許ないものだったりします。肉体や頭脳を鍛えるのは良いのですが、良い心を育みたいですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.21

キムタク人気 .

 TBSのドラマ、開局六十周年記念番組「南極大陸」が、期待したほど視聴率が良くなくて、キムタク人気も、もうダメだなんてささやかれているようですが、はたして本当にそうかしら?

 毎度下衆な記事を載せるのであまり好きではない週刊文春に、主題歌を歌った中島みゆきさんが「キムタク人気なくなったよね。もうダメじゃん」というようなことを周囲にもらしているなどと書かれていますが、それもウソっぽい。主題歌の「荒野より」は名曲なので(ドラマ「家なき子」の「空と君のあいだに」につづく犬目線ソングですよね。しっかり聞くと泣けます)、あまり売れなかったのは残念ですが、それをキムタク人気に結びつけるとは思えません。

 主演俳優が好きでテレビドラマを見るのは小学生から、大きくても高校生までですよね。そういう幼い子供たちが、南極観測隊に興味をもつと、制作者は本気で考えたのでしょうか。それも、昭和三十年代という、現在の内気な十代にしてみれば、脳天気な僕らにとっての太平洋戦争みたいな時代の話です。

 僕たちにとって太平洋戦争、第二次世界大戦は、たとえ興味がなくても知らなければならない重要な出来事だけれど、南極観測隊となるとどうなのでしょうか。教科書にのせるほどの重大事なのかどうなのか。それに、いまの子供たちにとって、南極はそれほど未知の大陸ではなくなっているのではないでしょうか?

 この企画をした人たちは、きっと宗谷が帰ってきたときに興奮し、タロとジロが生きていたことに感動したのかも知れません。

 この話は、僕が小学生最後の夏休みに映画として公開されて、大ヒットしました。僕の世代では、この作品が大好きだという人は少なくありません。
 生まれたときにはまだ宗谷は現役でしたし、引退して船の科学館に停泊されたときには、大いに盛りあがりました。なので、まったく知らないというほどむかしという感じではありません。
「南極物語」と「E.T.」で涙を流した世代です。

 けれども、僕はどちらの映画も見ていなくて「E.T.」はテレビで放映されたときに一度だけ見て、キモチワルイという印象をもち、「南極物語」はいまだに見ていません。

 当然、「南極大陸」も見ていません。
 見ていないので、ドラマの内容とか、役者の演技とかには触れられません。

 日本がとても元気だったころのノスタルジックで、その時代を舞台にした物語をつくったのか、以前に映画がヒットしたので、おなじ題材ならだいじょうぶだと思ったのか、どちらにしても勘違いだったのでしょう。

 勘違いといえば、この話に木村拓哉さんを主演にしたのも、ミスキャストです。

 制作側はキムタクに視聴率を求めて配役したのでしょうけれど、視聴者はキムタクに真面目なキャラクターなど求めていません。

 木村拓哉主演なら、軽くてオシャレで恋愛をしてくれないと、ワザワザ見ている甲斐がありません。
 ゴジラを見に行ったのに全然街を破壊しなかったらガックリ来るし、シェーなんてされちゃった日には「フザケンナ!」とスクリーンにコーラの瓶が飛んだと聞きます。
 松本清張を読みはじめたのに、いっこうに殺人事件が起こらなかったら、裏切られた気分になる人は多いはず。

「三四郎」を読みはじめたら、まったく柔道をしないまま、女に振られて終わってしまって呆然とした友人がいましたが、それは自分がわるい。
 三四郎が全員柔道をすると思ったら大間違い。

 でも、木村拓哉さんは、顔がイイのにグズグズと恋愛をする、一途なんだけどハッキリしない、くっつくんだか離れるんだかいい加減にしてくれ、みたいな役が見たいとみんな思っているのです。

 山口智子とか松たか子とか竹内結子とか、一見ぱっとしない女優さんを(内容はすばらしい女優さんですよ)相手役にして、女性視聴者に疑似恋愛をさせるパターンがたのしいんです。

 僕を「南極大陸」の会議にだしてくれたら、とりあえず絡みがなくても松たか子さんをキャスティングして「たぶん、この二人になにかあるんじゃないか?」と期待だけさせておいて、実際には男のドラマをつくるという案をだしてあげたのに。
 と、思ったら後番組に松さん出演しているようで、なんで分けちゃったのでしょうね。
 しかも、こちらのほうがさらに視聴率がわるいようです。

 ちゃんとしたドラマを撮るなら、柴田恭兵さんつながりでNHKの「ハゲタカ」なんかはとても良かった。大森南朋さんのような派手さのない人のほうが、恋愛をとくに期待しないのでドラマに集中できます。

 それに木村さんは、シリアスなドラマでシリアスな演技をしようとしてしまうのでグズグズになってしまう傾向があります。
「武士の一分」でもそうでした。
 山田洋次監督が求めたのかも知れませんけれど。
 スターは演技なんかしないほうが良いんです。
 石原裕次郎とか加山雄三が演技しているのなんか見たことないでしょ?
 香川照之とか堺雅人に対抗しなくて良いんです。
 黒澤明監督も岡本喜八監督も、加山雄三は加山雄三のまま撮ってますね。

 僕はトム・クルーズ大好きなんですけど、彼もたまにアカデミー賞が好みそうなクサイ芝居をしそうになるので危険を感じます。

 見てもいない番組の分析はさておき、見なかった人の気持ちとしては、まったく期待感がなかったということです。

 キムタク人気が陰って視聴率がとれなくなったかといえば、多少はなくなってきたかも知れませんが、テレビ自体の人気がなくなったのでしょう。
 野球や相撲とおなじで、ほかにも匹敵するくらいたのしいものの選択肢が増えて、じっくりテレビドラマなんて見ないんです。

 当のジャニーズが、続々と新しいグループをデビューさせてしまって、人気を分散させてしまっているともいえますし。

 僕と一歳しかちがわないから、もうオッサンですし。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »