« 判断力 | トップページ | 原発と原爆 . »

2011.07.14

知らぬが仏 .

 激安ユッケによる集団食中毒のあおりをうけて、レバ刺しまで食べられなくなってしまいました。

 完全に食べられないわけではありませんが、外食での提供は当面中止するように、厚生労働省が指導を都道府県に呼びかけたそうです。それで、提供自粛している店はすでにあるのですが、明日からどんどん増えるのでしょう。
 ユッケもおいしいけれど、レバ刺しもおいしいですよね。ビールにも日本酒にも焼酎にも合います。

 レバーが苦手という女子が、時折おりますが。あの、独特の臭みがダメというなら、生でだったら食べられるかも。あの匂いは、加熱することで現れるので、生だとしません。焼いたり炒めたりするとき、料理人はできるだけ短時間で仕上げるようにします。匂いがでる前に加熱をやめるのが、腕の見せどころなんですね。
 生肉の食感が厭だという人には、レバ刺しもユッケもセンマイ刺しも、どれもダメなのでしょうから、肉のおいしさの五十パーセントしか味わっていないということです。かわいそうに。

 内臓もひっくるめて肉ということもできますが、昨今のホルモン焼きモツ焼きブームもありますし、臓物は肉に入れないで語ってほしいですね。

 内臓には、血がたくさん溜まっているので筋肉よりも腐りやすいことは、だれでも十二才くらいになれば学校で教わらなくても自然と学習して知っていますよね。特に肝臓は血の塊みたいなものですから、腐りやすい。
 あの臭みも血の匂いなんですね。牛や豚だけではなくて、人の血だって、血まみれの殺人現場なんてすごい匂いがするそうですよ。
 血なまぐさい話になっちゃいましたが、だから内臓は生でも食べられるくらい新鮮なものでないと、焼いても食べない方が本来は良いんです。

 肉は逆に、熟成させることで旨みが増すので、生で食べる方が実際にはおいしくないんですけれど、新鮮さを食すたのしみがありますね。牛よりも、馬とか鹿とかの方がより獣臭くて、命喰らってる感があります。馬鹿みたいですけど。
 なので、ユッケの肉に細菌がついていて食中毒を起こしたから、レバーにも警戒するのは、ちょっとちがうんじゃないかなと感じています。
 レバ刺し好きなので、残念なだけですけど。安くしろ安くしろと言わないで、手を抜かなければキチンと管理できるのではないかと思います。

 それに加えて、福島県の牛肉から高濃度のセシウムが検出されて、福島産の肉を食べないブームみたいなものまではやってしまって、食肉業界はたいへんです。

 かつての狂牛病ブームのときも僕は「アホらしいな」とシラケていたのですが、今回の放射能肉ブームにも僕はたぶん乗れずに終わってしまうのでしょう。
「狂牛病は、なくなりました宣言」みたいなものが出たんですかね? 興味がないので覚えていませんが、いつの間にかみんなアメリカ産の牛肉を食べているので、不思議というか腑に落ちないといいますか……。

 今年は総理大臣から国民に対してストレステストというものが実施されていて、いろいろなことを我慢させられるようですが。節電ブームとか放射能ブームなんて、不景気を後押しするようなことばかりはやってしまって、困りものです。
 放射能ブームでガイガーカウンターなんかが売り切れたって、もともと市場にたくさん出回っているものではないでしょうし、わざわざホットスポットなんて探さなくても良さそうなものですし。

 でも、こういう人たちははじめから、レントゲン撮影とか電子レンジとか温泉とかにも敏感なのでしょうから、生きてて疲れますよね。
 たいへんですね。この人たちは、政府や電力会社の発表を信じていないので、自衛をするタイプ。
 節電に協力するのは、まだ政府と電力会社を信じているタイプ。
 まあ節電節電で、原子力発電所は不要だということになって、詐欺みたいな地球温暖化ブームが、日本だけでも終息してくれると非常にうれしいことですが。

 これから夏の暑い日がつづくと、食べ物は腐りやすくなり、菌は増殖しやすくなるので食中毒も起こりやすくなります。節電だからと冷蔵庫や部屋の温度には気をつけないと。
 いまは全体で「食中毒」と言うようになっているようですけれど、以前は「食あたり」と「食中毒」は使い分けていました。
 腐ったものを食べたときは食あたりで、毒や菌を食べたときに食中毒と言っていたと思います。

 腐ったものを店で食べさせられたら、そんなひどいことはないのですけれど、菌や毒は新鮮なものにもついていることがあるので、完全に避けることはむつかしい。大腸菌とかO-157は腐ってなくてもついています。フグとかキノコにははじめから毒があります。

 細菌による食中毒をだした店は、ほとんど潰れてしまいますが、いつもどおりにやっていても素材に菌がついていることがあるので、実際には次にまた食中毒をだすとはかぎりません。
 しかし、腐ったものを食べさせて食あたりさせた店は、管理がずさんなのですから、何度でも腐らせる可能性があります。
 食中毒はたいへん危険なものですが、過剰にうろたえるのも危険な気がします。

« 判断力 | トップページ | 原発と原爆 . »

コメント

私は前者なので疲れる生活をしています。昨日も東大の先生の怒れる動画を見てしまい、牛は外国産を食べなさいと言う教授を信じざるおえません。
放射能も菌もウイルスも人間には管理出来ないみたい。まだまだ混乱は続きますねーでもレバ刺しは食べたいなー

投稿: | 2011.07.29 03:17

 危機に陥ったときに、危機感をあおる人はいっぱいいますよね。
 平生から避難訓練をしたり、心配する人は軽く見られがちですが。実際には、その方が正しい。
 いつも以上に気にしすぎると、それがストレスになるから、ふだんどおりに気をつけていれば良いのでは?

投稿: AKTA | 2012.01.23 11:28

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61819/53829306

この記事へのトラックバック一覧です: 知らぬが仏 .:

« 判断力 | トップページ | 原発と原爆 . »