« おなじアホなら . | トップページ | 判断力 »

2011.06.15

節電しません .

 電力会社は毎年夏になると契約者に節電を呼びかけています。クーラーの設定温度を低くしすぎないとか薄着をするとか打ち水をする、ゴーヤを植えるのがはやったこともありました。けっきょく夏の冷房で使う電力が急に上がるのですね。

 電気、使いすぎです。

 太陽光発電を推進して、使わないときの電気は電力会社が買い取るようなことをしている一方で、家庭をオール電化にして電気をたくさん使うようにすすめてもいます。
「節電しましょう」と「全部電化」は相反しますよね。筋がとおっていない言動をする人は、信用できません。
 組織が大きくなって複雑になると、発足当初は共通の目標を持って集まったのに、だんだんと目標が薄れていき組織を維持すること自体が目的になってしまい、ポリシーがなくなることがよくあります。
 内閣不信任案騒動のときの首相と前首相が取り交わした約束メモの一番目にも「民主党を壊さない」と書いてありました。震災復興については、最後でした。きっと最初は、なにか志があって政治活動をはじめたのかも知れませんが、いまとなっては国民や被災者は、政党よりも後回しです。

 僕は基本的に絵描きなのですが、日本にはたくさんの美術団体があります。有名なものでは「日展」これは日曜画家展の略だと思いますが、巨大な組織です。芸能人が多い「二科展」というのも良く聞きますね。有名人を入れて集客をねらう戦略を東郷青児さんが会長のときに考え出したそうです。

 美術団体をつくるときは、新しい美術をつくろうとか自然に学ぶとか抽象絵画の集まりだとか思想的な共通から集団になるのですが、それを維持しようとすると会員を増やしたり客寄せパンダを入れたり、考え方とはちがったところで色々と変化していきます。
 たいてい団体主催の公募展覧会を年に一二回開くものですが、出品審査料を稼ぎたいのか入選展示作品は年々増えていきます。

 僕も仲間や知り合いが出展していると見に行きますが、点数が多すぎて全部をしっかり見るとたいへん疲れるので、目当ての絵以外はなるべくサラリと見ています。
 サラリですが全体を見て思うのは、どの団体も近頃はそれほど個性がなくなってきていることです。抽象も具象も入り交じっているし、「新」とつく団体ももはや新しくないし……。組織に入ることや美術の先生になることを目指さないのなら、現在の公募団体展には、恩師とのしがらみ等がないなら、若い人は出す意味があまりありません。参加することに意義はない。
 でも、公募団体への加入を目指して制作・出品している人たちは、コンスタントに大作を描いて個展やグループ展を開いたりもして、キチンと創作をつづけている点はとても尊敬します。僕は締め切りがないので、どうも怠けちゃってダメですね。絵を描くのは大好きなはずなのに。

 大震災が起こると「義援金」という言葉をよく見かけるようになりますが、言葉の意味もだんだん変るものです。
 現在は「義援」と書かれることが多いのですが、これは当て字です。お手持ちの国語辞典を開くと「義捐」と書かれているはずです。敗戦後の漢字制限で「捐」が表外字になったので、まるで意味のちがう「援」という音が同じなだけの字に書きかえられました。
 日本人は知らない言葉が漢字で書かれていると、漢字に意味があると思いこんでいるので「援」は救援とか援助とか「たすける」意味と取り違えてしまうようです。もとの漢字「捐」は、捨てるの意味です。さらにわかりにくいのは「義」も義理とか仁義というよりも、大義・公共といった意味です。

 だから、義捐金をいくら出しましたとか賞金は義捐金にしますとか、アピールしたりするのは義捐金ではありません。義捐金が被災者に渡っていないとか怒るのも筋違い。そもそも捨てたお金ですから、どう使われようと干渉しないものです。

 日本が欧米に習って電力網を国中に張り巡らせるときは、世のため人のための政策だったのでしょう。
 たしかに電気自体はとても便利なものです。どんなエネルギーもコントロールできれば便利にちがいないのですが、タバコの火だって使いまちがえたら家くらいは簡単に燃やします。危険なものだという認識のあまさから来る不注意です。
 慣れてくると注意力が薄れることは良くあること。初心者は小さな失敗をよくするものですが、慣れて気がゆるむと大きな失敗を犯します。
 日本中に必要なだけの発電力をもつエネルギーは、出来上がる電力量よりも大きいはずです。そんな巨大なものを扱うのに慣れられては困ります。

 しっかりと仕事に集中して節電を呼びかけるならまだしも、オール電化なんて誰の懐が潤うんだかわからないようなものを勧めたうえに太陽光発電に補助金を出したり。いったい世の中に電気は足りているのだか足りないのかもわかりません。
 しかも、不注意から放射能をダラダラと漏らしているし。
 こんな金儲け主義の電力会社と日和見な政府のために節電をするなんて、まっぴらです。

 病院など、停電になっては困る機関は真夏までに東京電力以外の電気を確保していただいて、今年の夏はちゃんと電気を使って、東京電力に目にもの見せてやれば良いんです。
 大停電くらいでは、たぶん少しも反省なんかしないのでしょうけれど。

« おなじアホなら . | トップページ | 判断力 »

コメント

停電が起きてもなんの責任も感じないですね。きっと。電気は十分足りてます、色々無駄な物につかいすぎです!もうこれ以上便利さや娯楽など新しい電化製品はいらない!って言いたいけど・・出ればやはり気になりますね。

投稿: | 2011.06.16 00:37

 みんなが不便な暮らしなら平気だけれど、自分だけ不便なのはイヤですね。

 でも、パソコンでも携帯電話でも、炊飯器でも洗濯機でも、ついてる機能を完全に使いこなしている人の方が少ないでしょうから、あまり開発されなくても困りませんけどね。

投稿: AKTA | 2011.06.16 17:15

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61819/53829310

この記事へのトラックバック一覧です: 節電しません .:

« おなじアホなら . | トップページ | 判断力 »