« だらしない服装 . | トップページ | おなじアホなら . »

2011.06.02

おとこらしく .

 電車に乗っていて、スーツの上着の前裾をはだけている、だらしないサラリーマンが気になる話を書きましたが、電車に乗っていると他にもいろいろなことが気になります。
 でかい鏡をだして、白粉から口紅、マスカラ、アイシャドーまでして、乗ったときと降りるときでは別人に変身しているブスな女の子とか、携帯電話で話をしながら乗り込んできて、まあどうでも良いような急いでもいない話を延々としている口が半開きな男の子とかが目につきますが。一番気になるのは、シートに座っている男子です。

 足を投げ足しているとか、股をおっひろげているとかいう行儀の悪さではなくて、座っていること自体がとても気になります。
 もちろん、座ったらいけないということは決してないのですが、老人や女性が立っているのに、平気で座っている男子の気持ちが気がかりです。中には、駅に着いてドアが開くと、急いで入ってきて我先に空いている席に座る若い男の子もいて、嘆かわしいものです。そういう人は、たいてい格好もだらしないし、もちろんスーツのばあいは前ははだけていますし、顔つきも精悍さに欠けます。自分のことしか考えていないので、卑しい顔をしています。

 むかし『パペポTV』で上岡龍太郎さんが 、シルバーシートなんていらないと言っていました。年寄りや女性やけが人に席をゆずるなんてあたりまえのことなんだから、車両の端っこに「立っていられない若者のためのシート」を設ければ良いということでした。全く賛成です。
 目の前でおばあさんがよろけていても、赤ちゃんを抱えたお母さんや、「おなかに赤ちゃんがいます」キーホルダーをかけた女性が乗ってきても誰も席をゆずらないような教育って、うまくいっているのでしょうか。
 僕は子供を抱っこしていたり、ずいぶん空いていないかぎり、あまり座らないようにしているので、譲ってあげようにも譲れないのでイライラします。

 最近は、「男は、男らしく。女は、女らしく」なんていうとフェミニズムやらジェンダーやら、いろいろと面倒なことになる世の中ですが、男性からも女性からも「らしさ」がなくなってしまったのが、結婚できない一番の理由ではないですかね。
 男らしさというと、日本では武士道、イギリスでは騎士道や紳士的という精神に代表されるものだと思います。日本とイギリスだけではなく、たいていの国にこういった考え方は、古くからあるようです。

 共通する理念は「困難に立ち向かう強い心」「卑怯なことはしない」「他人のせいにしない」といったところでしょうか。
 そしてどの国の男も、女性に優しく、大切にするということです。

 けれど、知らない人に優しくするというのは、恥ずかしいし尻込みするし気がひけますよね。だから、親切にすれば良いのです。


 僕は、基本的に優しくない人柄なのですが、良く優しいと勘違いされることがあります。
 なんでかなあ? と思っていたら、美術学校の先輩の女性が「優しいんじゃなくて、親切なだけだよね」と言ってくれて。なるほどそのとおり。親切な行動を、優しいと勘違いしていたのか、表現していたのかだったんです。優しさは愛情からですが、親切は反射神経ですから、なにも考えなくてもできるんですね。

 僕はたいして男らしいとはいえませんが、電車の座席を争ったり、歩きながら煙草を吸ったり、不信任案を出されたりはしません。

 国民の代表である総理大臣が、いまはサイコー(サイテー?)に男らしくないので、こんな時代に育つ子供には、特に親の導きは大切になると思います。
 さんざん嘘をついて、自分の無能を隠すためにさらに嘘をつき、あげくに最後は知らなかったと責任転嫁。困難にも立ち向かえず、卑怯なことばかりして、他人のせいにするという、最悪の日本人代表を選んでしまうような国ですから。六十代の人でこれですから、これからどんどんこんなやつらが権力を持つ可能性があるのです。
 どうにかしないといけませんよ。

 かつて、春風亭柳昇さんは「五十過ぎた人に意見をすることほど、無駄なことはありませんね」と言っていました。もうなにも変らないからだそうです。現在の国会議員のほとんどが、言っても変らない人たちでしょうね。
 昨年ブームになった坂本龍馬。彼は人の意見を聞くと、どんどん自分の考えを変えていけた人物です。岩崎弥太郎にしろ後藤象二郎、板垣退助にしても、土佐の人はコロッと豹変できるところがすごいところですね。大事なところはなにか、真剣に生きているから良いものがあれば貪欲に受け入れ変更できるのでしょう。

 自分の地位だけに固執して、時間稼ぎのために国民を、特に避難者を置き去りにしているような政治家とは格がちがいますね。

 自分のために努力するのは意外とむつかしく、やはりどこかで甘くなってしまいます。だれかのために努力すると、意外な力を発揮することがあります。

 自分のことしか考えず、携帯電話の画面ばかり見ていると、フッと顔を上げたときに、まわりにだれもいなくなっているかも知れませんよ。

« だらしない服装 . | トップページ | おなじアホなら . »

コメント

ホントに最近、いろんな人がいるんだなー世の中には。と思う事が多々あり、自分の考えがおかしいのかな?と一瞬途方に暮れることがありました。でもよくよく考えてみるとなんだこの人は?って思う人は自分の事しか考えられない人ばかり。自分がどう思われたいか、自分のメリットは何か、自分のための嘘はいくらでもつく。他人を犠牲にしても。今回のコラム?を読んでホッと納得。
優しさじゃなく親切、わりきっちゃえばいいのね。受けとる方も。

投稿: | 2011.06.15 00:46

 受け取る方も「ありがとう」と素直に受けてくれると良いですね。
 親切に下心なんてありませんから。
 その場限りの潤滑油みたいなものです。

投稿: AKTA | 2011.06.16 17:04

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61819/53829312

この記事へのトラックバック一覧です: おとこらしく .:

« だらしない服装 . | トップページ | おなじアホなら . »