« 付け焼き刃 . | トップページ | おとこらしく . »

2011.05.18

だらしない服装 .

 よく、年をとった人が若者の服装をだらしないと言いますが。
 イイ大人の服装も、そうとうだらしないものです。

 僕も今年は初老ですから、好い加減服装くらいはキチンとしようかと思いますが、背広を着る機会が滅多にないので、いままで通りカジュアルでも清潔な印象を心がけます。

 けれども絵描きとしては、多少普通とはちがう、くずした感覚も自己表現としてだしたいですね。

 しかし、会社員としてまっとうな社会で仕事をしている人は、まっとうな格好をしなければなりません。
 所属する組織がスーツを着用しろと言ったら、キチンとスーツを着るべきです。
 ところが、スーツを着ている人の大半が、非常にだらしない着方をしていて、育ちの悪さをにじみだしています。

 道を歩いていても、電車の中でも、サラリーマンらしきスーツを着た人のほとんどが上着のボタンをかけずに、だらしなく前裾をはだけたまま、やはりだらしない顔でうろついています。

 不思議なもので、だらしない服装をしている人はたいてい顔つきも行動もだらしないもので、服だけ着こなしているとか、顔だけ精悍だとか、行動だけはキビキビしていて気持ちが良いなんてことは希です。
 馬子にも衣装とも言いますが、印象というのはトータルで受けるものなので、だらしない人は立派な服でさえだらしなく着てしまうのです。

 たとえば「巨人軍は紳士たれ」で、選手は髭も生やせないのですが、なんにでも口をだす渡邉という会長のじいさんは、上着のボタンをかけずにインタビューには答えるし会見にもでます。
 きっと、とてもエライ人なのでしょうけれど、そういうだらしなさ下品さが見えてしまうので、エラソウな人にしか見えません。

 政治家や代議士にも背広をはだけたままテレビに映っている人は、かなりいます。さすがに国会ではキチンと前を合わせて答弁しているのだろうと思いきや、現政府の民主党の議員はネクタイをしていないせいか、総理大臣や官房長官をはじめ、けっこうな人たちがだらしない格好で出席しています。

 やはり、服装がだらしない人は、顔つきも言動もだらしないのです。
 菅さんなんか徹夜明けのサラリーマンみたいだし、枝野さんなんか首がないからボタンダウンの襟が異常に立って見えてバブルの成金社長みたいです。
 全く品格が感じられません。

 そういえばバブルのころは、みんなけっこう派手なスーツを着ていました。

 僕は小学生・中学生という時期でしたが、一世風靡が渋谷で踊っていたのを見て、その後セピアがデビューして、最高にカッコイイ憧れだったので、彼らが着ていたズートスーツにも当然憧れました。
 一世風靡のスーツは、ダブダブのダブルの上着に、タックの入ったダブダブで股上の深いズボンにサスペンダーとい格好でした。
 ワイシャツは着ないでティーシャツで腕まくり。
 柳葉敏郎さんは革靴を履かずにコンバースのバッシュでした。
 スーツにスニーカーというと、ウディ・アレンがずっと先ですが、彼の映画はあまり好きではありません。

 さすがに学生の僕にスーツをオーダーするお金はなかったけれど、三十を過ぎるまでスーツはダブルしか着なかったし、ベルトではなくいまだにサスペンダーです。
 コンバースは普段に履いていますが、生成は恐れ多くて履けません。妻が平気な顔で履いているので羨ましい。

 そのズートスーツというのは形のことではなくて、実際には精神のことなのだそうです。
 一九四〇年代に、アメリカの黒人ジャズメンなどが、奴隷的扱いを受けてきた白人に対する抵抗・反発の表現として、白人の上品で整ったスーツに対して、派手で崩れたスタイルをつくったものです。

 まさに、路上で踊っている一世風靡のような人たちにはピッタリですね。
 芸術家とか芸能人とかヤクザとか水商売とか、ちょっと社会からあぶれた人も良いかも知れません。

 けれども慣習を崩したり型を破るということは、反抗であり革命なのだから、覚悟なしにやっては痛い目をみます。
 ちゃんとした社会人、ましてや会社員はそんなことをしてはいけません。
 本来、着崩してはいけません。

 なんの考えもなしにスーツを着てネクタイを締めたらダメですよ。
 それは、なんの考えもなしに仕事をしているということです。

 総理大臣が、なぜだらしない格好をさらしているのかは謎ですが。

 政治家も、野党であれば反発する相手がいるので、型破りな政策を打ちだして、少々おかしな格好をしていても許されるのかも知れませんが。たぶん、されませんが。

 与党となって自分たちが反発される立場なのに、いまだに責任感のない言動では困ります。たしかに、国民に抵抗しているようには見えますが。
 国民の代表が、国民に反発してどうするんでしょうね。

 だらしないの「だらし」は、「しだら」の倒語だそうです。談志さんは落語家などが言っていたのが一般的になったと言っていました。いわゆる業界用語みたいなものですね。
「しだらなし」とか「ふしだら」ということです。

 若い男の子のズボンが下がっているのや、女の子の胸がはだけているのはファッションですが、中高年の背広の前がはだけているのは、無意識です。無自覚です。

 そんな、ものを知らない人たちが、子供や孫に、ものを教えられるはずもないので、いまこうなっているのです。

« 付け焼き刃 . | トップページ | おとこらしく . »

コメント

枝野さんの襟元は気になってましたhappy02因みに枝野さんの普段着はユニクロが多いそうです。菅さん、大分疲れて見えますね。ステテコ姿が目に浮かぶよう。そういう時こそビシッとした服装でしっかり感を出してほしいです。羽田さんのクールビズの方がまだキチンとしてたかも。相当センスはなかったけど・・

投稿: | 2011.05.25 01:40

 僕も普段着はユニクロ多いです。

 省エネスーツは、ダサイけどああいう服装ですからね…。
 小泉さんのときでしたか、かりゆしだかアロハだかを着てましたね。もともと上着のいらない格好をしちゃえば良い正装というのも手ですね。

投稿: AKTA | 2011.05.25 12:38

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61819/53829265

この記事へのトラックバック一覧です: だらしない服装 .:

« 付け焼き刃 . | トップページ | おとこらしく . »