2018.04.13

【案件案件】

 たいていの国民はだいぶ前からウンザリしている加計学園問題で「首相案件」と書かれた文書があるという記事が出て、首相の関与を決定づけるものだと躍起になっている慌て者が騒いでいますが、どうもウサンクサイ。

 二千十五年四月に学校側と内閣側との面会で、柳瀬首相秘書官が「本件は、首相案件」と発言した記録だというのだけれど。あまり信憑性はありません。愛媛県知事は、担当職員の備忘録だと説明していますが、果たして当時書いたものかは怪しいものです。備忘録なんて、面倒で仰仰しい言い方を最近はしますが、ただのメモのことですから他人は見ません。

 さらに「○○案件」なんて、若い人が得意になって言いだしたのは、ここ一二年のことで、ふつうは「~の案件」と使うし、重要案件や優先案件はあっても案件名に案件をつけたりしませんし、そもそも「案件」なんて口に出してあまり言いません。永田町や霞が関では言うのかしら。「○○の件について」とか「首相提言」「首相発信」なら言うかもしれないし「加計学園案件」ならまだわかりますが「首相案件」だと、もう首相の案件なのでそちらは手を引いてくださいと言われているのかと思いませんか。

 だから、三年前にはすでに若くないオジサン秘書官が「首相案件」なんて言うとは、到底思えません。不自然です。もし本当に言ったとしたら、それが「○○案件」の元祖だと思います。なかなか若者にピンとくる言葉のセンスをしていることになります。

 でなけれは、あとから書いたものなのでしょう。

 朝日新聞は捏造記事の前科がありますから、そのくらいのことはやりそうです。備忘録は公文書でも、書類とも言えないようなものなので偽造したって財務省のようには責められないでしょうから官僚の文書管理の杜撰さにつけこんだヤラセに見えます。

| コメント (0)

«【作文】