2018.02.19

【作文】

 電子メールにブログ、ソーシャルネットワークと、猫も杓子も文章を書くようになった昨今ですが、果たして文章がうまくなっているかといえば、あまり上手な人に出会ったことはなく、どちらかというとヘタで誤解することも増えている感触があります。

 手紙を書くのは面倒臭くて廃れたけれど、携帯機器で長文を打つのも煩わしいのでメールやLINEでは端折って短くしてしまい、細かなニュアンスが伝わりづらくなりがちです。ヘミングウェイや志賀直哉がしたような、文章を削ってスリムにする作業とはぜんぜんちがって、ただ時間短縮、思考放棄をしているだけなので、不十分すぎて困ります。

 仕事の指示や御上の命令なら、意味さえわかれば済むことかもしれません。逆に、詳細ではなく情緒や個性や思いやりなんて、ないほうがありがたい。

 けれども、友だち同士の会話でぶっきらぼうな物言いをされるのは、あまり気分の良いものではありません。それが手紙やメールでも、やはり良い印象は受けません。

 印象というのは中身の良し悪し思いの軽重以上にだいじなことがあって、直接の会話でも言葉づかいが悪ければ正しい発言であろうと受け入れられないことがしばしばあります。表情が見えない電話では、より言い方が大切になり、声音もわからない文章になれば、さらに丁寧で親切な作文が必要になるはずです。慇懃過ぎても距離を感じるので、適当なバランスを保つのは経験でしょうか素質でしょうか。

 しかし、上手にしゃべることもむつかしいけれど、書くことはもっと訓練がいります。なのに国語の授業では漢字と読解ばかり教えて、作文や文章表現なんて二の次で、教えられる先生もいないせいで、生徒の向上心も湧きません。

「国語」は「日本語」ではないみたいですけれど。

| コメント (0)

«【真意が伝わらない】